運動するタイミング

痩せる運動はいつすればいいのか?

 

運動 痩せるタイミング

 

一番効果を実感しやすいダイエット方法といえば、やはり運動でしょう。

 

食事制限ではなかなか痩せることができないという人も、運動をすることで健康的に減量を行うことが可能です。

 

せっかく運動をするならより高い効果を実感できる運動方法が良いですよね。

 

では、どの時間帯に運動をするとダイエット効果を実感しやすいのでしょうか。

 

まず、運動ダイエットのセオリーについていくつか説明いたします。

 

脂肪は、低血糖の方が燃えやすいといわれています。
そのため、血糖値が下がっている時間帯に運動をしましょう。

 

運動ダイエットにおいて一番効果を実感しにくいのは、食事をした直後の運動です。
食べ過ぎたから少し運動をしよう、は、直後にやっては意味がないのです。

 

運動後にすぐ食べると、脂肪が十分に燃えなくなってしまうでしょう。

 

しかし、筋肉を付けたいのであれば、運動後すぐに食べても良いといわれています。

 

これらの点から、「運動は食事の前に」「お腹が空いているときに運動をするとダイエット効果を得やすい」といえるのではないでしょうか。

 

もちろんこれは、「筋力をつけたい」のか「脂肪を燃やしたいのか」によって多少変わってきます。

 

 

まず、「低血糖のとき」にダイエットをすると脂肪が燃えやすいといわれています。

 

そのため、朝起きてすぐや夕食の前に運動をすると、脂肪を燃焼することができます。
特に有酸素運動が効果的でしょう。

 

眠っている間は、プチ断食状態にあります。
眠っている最中に成長ホルモンを使い脂肪を分解燃焼するからでしょう。

 

そのためこの時間帯に運動をすると、どんどん脂肪を燃やすことができるのです。

 

しかし、低血糖の時に激しい運動は禁物です。
血糖値が不足しているときに激しい運動をすると、貧血を起こしたり筋肉の異化が起こる可能性があります。

 

これらの点からも、気軽に出来る有酸素運動が一番と言えるのではないでしょうか。

 

 

逆に食後の血糖値が高まっているときに運動をすると、胃の血液が薄まり消化不良を起こし易くなってしまいます。

 

また、食事で摂取したエネルギーを十分に使うことができなくなってしまうので、運動後は最低20分は運動をしない方が良いでしょう。

 

 

筋力を増やして基礎代謝を高めたいのであれば、運動後の食事はおすすめです。

 

運動後は、出来れば30分は脂肪燃焼の為に食事をとらない方が良いといわれています。

 

しかし運動後すぐにタンパク質を補給すると基礎代謝が向上し、筋力アップ効果を狙えるのです。

 

 

 

 

ミス・ココお得な公式通販!