同じ量を食べても、人によって違うのはなぜ?

同じ量を食べても、人によって違うのはなぜ?

 

たくさん食べても太らない人もいれば、少量食べただけで太ってしまう人もいます。

 

なぜ、同じ量を食べても太る人と太らない人がいるのでしょうか?

 

 

それは、人によって体質も生活スタイルも違うからです。

 

たくさん食べたとしても、たくさん動いてカロリーを消費していれば太ることはありません。
ダイエットの基本は摂取カロリーよりも消費カロリーを増やすことであり、どれだけ食べてもそれ以上にカロリーを消費していれば太ることはないのです。

 

少量食べても太ってしまう人は、それだけ普段の消費カロリーが少ないのではないでしょうか。
自分に適した食事量を見つけるだけでも、ダイエット効果を実感することが出来るのです。

 

 

また、体質も重要です。

 

太りやすい人や痩せやすい人がいるように、人の体質はそれぞれ違います。
たくさん食べて運動をしなくても、体内環境がしっかりと働いている人であればどんどん消化し、排出し、脂肪として蓄積しません。

 

しかし老廃物を排出する力が弱い人は、体内に食べたものが残り、脂肪になり、どんどん蓄積してしまうでしょう。

 

 

ダイエットで重要なのは、体質改善をすることです。

 

体質改善をするだけでもダイエットに繋がりますし、痩せやすい体を手に入れることが出来ます。

 

ミス・ココお得な公式通販!