歳をとると、太るものが食べたくなる

歳をとると、太るものが食べたくなる

 

 

人は、年齢を追うごとに太りやすいものを好んで食べる様になると言われています。

 

特に、甘いものを好む人は多いでしょう。

 

これはなぜなのでしょうか?

 

 

若い頃はたくさんの量を食べたり、脂っこいものをがっつりを食べることが出来ました。

 

しかし年齢と共に、消化器官の力も低下し、脂っこいものを食べると胃がもたれる様になってしまいます。

 

 

そのため、食事に満足感を得る事が出来なくなってしまうのです。

 

 

しかし、甘いものは消化も十分に出来ますし少量でお腹を満たすことが出来ます。

 

甘いものは血糖値の上昇をしやすく、満腹中枢を刺激しやすい食べ物なのです。

 

 

また、年齢と共に味覚もどんどん衰えていきます。

 

苦みや辛味などは早い段階から感じにくくなってしまうでしょう。

 

しかし甘味だけはいつまでも衰えることなく感じることができます。

 

 

そのため、甘いものがとても美味しく感じる様になるのです。

 

 

昔は甘いものを食べなかった人も、間食をする習慣がなかった人も、年齢を追うごとに甘いものが好きになっていくかも知れません。

 

しかし、年齢と共にカロリーも消費しにくくなり、太りやすい体質となってしまいます。

 

 

健康の為にも、体系維持の為にも、甘いものは控える様にしましょう。

 

 

 

ミス・ココお得な公式通販!