体重増を止めよう!

中年以降は、油と糖に神経質になろう!

 

20代のころは痩せていたのに30代になってから太ってきた…こんな人以外に多いみたいですね。

 

実は、年齢を追うごとにどんどん太りやすい体質になってしまうんです。

 

一番の原因は、基礎代謝。
基礎代謝量とは、エネルギーを消費する量のことをいいます。
基礎代量が高ければたくさん食べても太りませんし、基礎代謝量が低ければ、たくさん食べればそれだけ脂肪を蓄積しやすくなってしまいます。

 

若い時は基礎代謝量が高かった人でも、年齢を追うごとにどんどん低下してしまうでしょう。
中年以降は、気を付けなければ体系をキープすることが出来ません。

 

特に気を付けたいのが、油と糖なのです。

 

年齢を追うごとに、どんどん脂っこいものが食べられなくなってきますよね。
これは、体内で油分を消化する力が弱まってしまうせいなのです。
そのため、脂っこいものを食べるとどんどん脂肪が蓄積されていきます。

 

 

甘いものも同じです。
中年になると、昔ほどたくさん食べられなくなってしまいます。

 

けれども甘いものなら少量でも満足できるので、ついつい甘いものを食べてしまいがちです。

 

けれども甘いものを食べると、どんどん摂取カロリーが高まり、太ってしまうでしょう。

 

 

糖と油に気を付けた食生活を送ることはとても大切です。

 

気になる人は、ダイエットサプリメントを飲むなどして糖分と油分をブロックして下さい!

 

ミス・ココお得な公式通販!