体質の違い

痩せる体質の人は存在する?

 

太らない体質

 

食べても食べても太らない人っていますよね?
そんな人は、「太らない体質」なのかも知れません。

 

人にはそれぞれ体質があります。
もちろん「太り難い体質」というのも存在します。

 

食べても食べても太らない人は、消化器官に秘密があるようです。

 

消化器官には弁という部分が存在します。
これは、食べ物や血液の移動を調整している部分です。

 

弁の働きは、人によって違います。

 

たとえば弁がきつい人は、食事を食べても体内での食物の移動がゆっくりしているので、少しずつ消化吸収されていくでしょう。

 

逆に弁がゆるい人は、どんどん体内で食品が運ばれ、消化器官にとどまる時間も短く、食べた成分も吸収されにくい性質を持っています。

 

そのため、たくさん食べても太り難いのでしょう。

 

弁の造りは生まれつきの場合もありますが、基礎代謝が高い人や運動をたくさんする人等、後天的に働きを変換することも可能でしょう。

 

 

また、細胞が関係している場合もあります。

 

人はそれぞれ褐色脂肪細胞という肥満細胞を持っています。

 

褐色脂肪細胞はとても大切な細胞です。
人を外部の刺激などから守ってくれます。

 

痩せている人は、褐色脂肪細胞の働きが高いので、栄養をしっかりと分解し、どんどんエネルギー熱に変換してくれるでしょう。

 

食べながら脂肪を燃やしてくれるので、あまり太りません。

 

逆に褐色脂肪細胞が活発でない人は、白色脂肪細胞に栄養が送られがちです。
そのせいで褐色脂肪細胞が鈍ってしまい、栄養を体にため込んでしまうのでしょう。

 

 

もともとの体質の他にも、食べても太らない原因はあります。

 

若い頃は、基礎代謝量が高い傾向にあります。
そのため10代や20代前半の人は、たくさん食べても太り難いでしょう。

 

例外ももちろんいますが、他の年代に比べると太り難い体質といえます。

 

そういう体質の人は、いつまでも同じ量を食べているとどんどん太ってしまう可能性もあるでしょう。

 

太らない体質さえ手に入れれば、好きなだけ食べても体系を維持することができます。
しかし生まれ持った体質を変えることはなかなか難しいことなのです。

 

体型は遺伝?

 

人は、さまざまな部分を親から受け継いでいます。

 

身長や外見、肌質髪質等、両親と似ている部分も多いでしょう。

 

体型もその一つです。

 

体型は遺伝します。

 

遺伝により太る影響は25パーセント程だそうです。
両親が肥満であれば、四分の一の確率で子供も肥満になりやすい傾向にあるでしょう。

 

また、太るのは遺伝のせいだけではありません。

 

遺伝以上に影響するのが、生活習慣です。

 

家族として生活をしていると、食事の量や睡眠時間、運動量等が似通ってきますよね。
家族であれば、毎日同じものを食べていてもおかしくありません。

 

そのため、カロリーの高い食事を出す家庭に生まれると、それだけ太りやすい家庭環境となってしまうでしょう。

 

遺伝以上に大きいのが、家族単位での食生活なのです。

 

肥満や体脂肪は遺伝しますが、食生活に気を使うだけで、肥満の可能性を軽減することができるのではないでしょうか。

 

 

また、遺伝とは違いますが「太りやすい血液型」というのも存在します。

 

血液型占いは参考にならない、という意見もありますが、実は血液型により体質が異なるのです。

 

A型は農耕民基質、B型は遊牧民が祖先が多いといわれています。
O型は狩猟民族、AB型はA型とB型の両方を併せ持っています。

 

そのためO型は太りやすく、AB型は太り難いといわれてます。

 

あくまで傾向では有りますが、血液型も親から受け継ぐものであり、血液型によって太りやすいかどうかが左右される場合もあるのです。

 

日本人は痩せやすい体質

 

世界的に見ると、日本人はやせ気味な傾向にあります。

 

特に欧米人と比べると、日本人の細さは際立つでしょう。

 

これには、食生活が関係しています。

 

和食は、低カロリー食品として有名です。
野菜や魚が主食であり、味付けも比較的薄いですよね。

 

お米は少量でもエネルギーとなりますし、腹もちが良い食材です。
そのため、和食を食べていると太り難い体質となるでしょう。

 

野菜にはたくさんの栄養が詰まっていますし、便秘も解消してくれます。

 

和食が主食である日本人は、痩せやすい体質だといえます。

 

 

しかし、最近は食の欧米化が進んできました。
和食だけではなく、カロリーの高い欧米の食事や肉料理を好んで食べる方も多いでしょう。

 

日本人は胃腸が弱く、欧米の食事を十分に分解することができません。
また、日本人は胃腸が長く、便秘になりやすい体質を持っています。

 

日本人の体質と食生活は、痩せやすい傾向にあります。
しかしこのまま欧米化が進むと、どんどん太りやすい体型になってしまうかも知れません。

 

お米は、ダイエットに最適な食事です。
痩せやすい日本人の体質を維持したいのであれば、出来るだけ和食を心掛けてみてはいかがでしょうか。

 

ミス・ココお得な公式通販!